第四種郵便

文部科学省認可第四種郵便

通信教育を行う大学と学生との間で発受される学習に関する郵便物(レポート・作品・学習に関する質問票)については、第四種郵便扱いとして普通郵便に比べて低廉な料金が適用されます。

第四種郵便の適用を受けるには、「文部科学省認可通信教育」の印字がある、大学指定の封筒と指定表紙を使用することが条件となっています。テキスト科目のレポート・作品課題だけでなく、スクーリングレポートや事前課題等の場合も、「文部科学省認可通信教育」の印字がされている封筒と指定表紙(添削指導評価書やスクーリングレポート表紙・指定課題表紙等)を使用し、レポートや作品本体を同封して郵送してください。「文部科学省認可通信教育」の印字がされているものを使用しない場合、第四種郵便の適用が受けられません。
なお、「学習に関する質問票」に使用する封筒については、9. 学習支援 > 問い合わせ方法で確認してください。

その他の適用条件とその料金は次のとおりです。
・料金:100g以内15円。さらに100gごとに+10円。ただし、1kg以内であること
・筒の寸法:長さ60cm以内、直径15cm以内。本学では10cm×10cm×60cmの方形の角筒を使用。
・ その他:3辺の合計が90cm以内のもの。ただし最長辺は60cm以内。封筒の場合、内容物が確認できるよう、封口の1/3の開封が必要。
・本学指定の課題提出用封筒もしくは宛名シールを使用する。
・差し出し局の窓口にて内容物の提示が求められる場合がある。

 

重さ 料金 重さ 料金
~100g以内 15円 ~600g以内 65円
~200g以内 25円 ~700g以内 75円
~300g以内 35円 ~800g以内 85円
~400g以内 45円 ~900g以内 95円
~500g以内 55円 ~1kg以内 105円

【注意事項】
1. 事務手続に関する郵便物(封書)は第一種郵便、はがきは第二種郵便に該当しますので、それぞれ通常の郵送料となります。
2. 第四種郵便は、郵便事情にもよりますが到着まで1週間程度かかる場合があります。「○日必着」と期日指定のあるものは、余裕をもって投函したり、宅配便を利用するなどして確実に締め切り日までに到着するよう各自で対応してください。
3. 1kg超過および3辺の合計サイズ超過の場合は、宅配便を利用して発送してください。この場合、大学からの返送は宅配便(個人宛の着払)で行いますので、各自で返送用の宅配便伝票(着払)をご用意いただき同封してください。宅配便の個人宛着払いを取り扱っていない業者(西濃運輸等)もあります。宅配便の個人宛着払の取り扱いの有・無、着払時の料金等は直接業者にお問い合わせください。
4.改正郵便法の成立を受け、2021年10月より、土曜日配達の休止および配達日数の繰り下げられています。
普通扱いとする郵便物(第四種郵便含む)・ゆうメールについて、土曜日配達が休止され、配達日数が1日程度繰り下げられるようになりました。

詳細は日本郵便のWebサイトをご確認ください。
https://www.post.japanpost.jp/2021revision/index.html
従来に比べ数日程度遅れて到着する事例等も発生しています。課題の受付に関して、受付期間の変更は行いません。また、配達事情による遅延は原則認めておりませんのでご注意ください。
郵送提出は締切日【必着】※消印不可となりますので、郵便を使用される場合は、今までよりも配達が遅れる場合があることを念頭に、早目に投函されることをご検討ください。
また提出期日が近い場合など心配であれば、レターパック・ゆうパックや速達等のオプションサービスを利用するか、別途宅配業者を利用するなど、各自で対策をしてください。

 

 

 

このカテゴリのよくある質問

レポート課題や試験で指定された字数のプラスマイナス1割以内を超えてしまった場合は、評価に影響するのでしょうか?

字数についても評価の対象としていますので、指定字数のプラスマイナス1割以内を目安に作成してください。

あまり文章を書く機会が無く、レポートを書く自信がありません。

まずはレポートを書くこと自体が課題になっている、総合教育科目のテキスト科目「ことばと表現」や「論述基礎」に取り組むことをお勧めします。レポートの書き方が基礎から解説されています。また、airU学習ガイド>5.学習のアドバイス>論文・レポートを書くためにも参考にしてください。

単位修得試験において、対面試験とWeb試験では持ち込み可能なものが異なりますか?

<Web>テキストや参考資料、自分で用意したメモ・電子ファイルなどを参照しながら解答することができます。
<対面>パソコン、携帯電話、電子辞書や電子書籍等の電子機器以外であれば必要な書籍やノートなどを持ち込むことができます。
詳しくは、3.学習方法>テキスト科目>TR科目(単位修得試験)をご確認ください。

このページの先頭へ戻る