各種入学制度

制度名 制度の概要
年限退学時再入学制度 在籍年限の最終年度末に退学することを「年限退学」といい、年限退学の翌年度に再入学することを「年限退学時再入学」といいます。2022年度が在籍年限最終年度にあたる方が2023年度に再入学手続を行った場合、入学金の免除と在学中の授業料の減免(2022年度再入学実績:2割減免)等が受けられ、前学籍での修得単位を引き継ぎます。
再入学時の修業年限・在籍年限は、下表の通りです。
修業年限・在籍年限とも、再入学した年度からの換算となります。
また、受入年次は前学籍での入学形態と修得単位により決定します。
詳しくは、2022年度末在籍年限終了予定者に宛てて11月下旬(予定)にお送りする『2023年度「年限退学時再入学」手続案内』をご確認ください。

※本学通信教育部(学部)を卒業後、本学大学院(通信教育)に進学する場合の制度は、大学院(通信教育)の学生募集要項を確認してください。
◆再入学時の修業年限、在籍年限
<学部>

受入年次 修業
年限
在籍
年限
1年次 4年 9年
2年次 3年 8年
3年次 2年 7年
4年次 1年 6年

このページの先頭へ戻る