申込状況/受講票

スクーリング申込後、必ず「申込状況/受講」の内容を確認し、受講時に持参してください。 Web申込の場合は、airUマイページ>スクーリング>「申込状況/受講票」から印刷して持参してください。 郵送・窓口申込の場合は、大学より送付します。 集合教室は、当日に会場の掲示を確認してください。 airUマイページ>スクーリング>「申込状況/受講票」で申し込みしたスクーリングが確認できます。

 

トップ画面

 

「申込状況/受講票」にスクーリング会場(集合教室)が表示されますので、スクーリング受講時に印刷の上、ご持参ください。

 

受講票

 

履修条件を満たしていない場合や、定員を上回る申し込みがあった場合など、受講不許可となる場合があります。不許可の場合は、不許可理由が記載されます。

 

<不許可理由の記載例>

定員もれ 希望者が定員を超過し、抽選をした結果、定員にもれた場合
単位修得済 前年度までに同じ科目の単位を修得している場合(授業内容が変わっても、科目名が同じ場合は履修不可)
履修済(見込) 今年度すでに同じ同じ科目を受講したか、受講申込をし、許可が出ている場合(授業内容が違っても、科目名が同じ場合は履修不可)
同一日程申込 同じ日程の科目を申し込んでいる場合(一日でも重複の場合は履修できません。)
該当年次外 配当年次でない科目を申し込んでいる場合(例:1年次生が2年次配当科目を申し込んでいた場合)
受講資格対象外 他コース・他クラスの科目に申し込んでいる場合や受講資格がない科目(資格課程など)で対象外である場合
I~IV受講単位数超過 専門I~IV科目について、規定の単位数を超えての申し込みのため不許可の場合
V受講単位数超過 専門V科目について、規定の単位数を超えての申し込みのため不許可の場合
受講単位数超過 専門I~IV・V以外の科目で、規定の単位数を超えての申し込みのため不許可の場合
履修条件未クリア 履修の前提条件がある科目で、条件を満たしていない場合(例:TW科目の課題提出が履修条件になっている科目で、その課題が提出できていない場合
CAP制 年間の履修上限単位数(24単位)を超過した場合(詳細は「その他 >用語説明 >学部 >CAP制」を参照)
受付期間外 スクーリング申込期間外に申し込んだ場合

 

■発送物・受講案内

科目によっては、事前課題、宿泊申込案内、テキスト購入案内などを後日送付します。学外開講の場合も、会場・集合場所等を別途お知らせします。

このカテゴリのよくある質問

スクーリングの日程・開催地・時間割・持ち物はどのように知らされますか?

①スクーリング日程の年間一覧
②開催地・時間割・持ち物 ▶各科目の『シラバス』
③会場(教室)

Web 申込

airUマイページ>スクーリング>「申込状況/受講票」

郵送 ・窓口申込

「スクーリング受講申込結果通知および受講票」なお、科目により、受講案内を後日送付しますので、集合場所・集合時間等を確認してください。

▶専門教育科目は各『コースガイド』『大学院ハンドブック』、総合教育科目学部共通専門教育科目はpp.28~29、資格科目は『資格課程ガイド』

 

スクーリング申し込み期間中、不在にしていて申し込みできませんでした。今から受け付けてもらえますか?

スクーリング申込期間以外の受付は行いません。ただし、定員に空きがある科目は追加募集にて受付を行います。

スクーリングは1年間にどれくらい受講しなければいけませんか?

1年次入学生の場合
卒業までにスクーリング科目を「専門教育科目」から24単位以上、その他任意の科目群から6単位以上、合計30単位以上を修得する必要があります。4年で卒業を目指す場合、1年間では「専門教育科目」から6単位 (芸術学科はそれ以上も可)、その他に1~2単位以上が必要です。

編入学生の場合
各自で「入学許可証・卒業要件通知」より、卒業までに必要なスクーリングを確認して、履修計画を立ててください。 おおよそ1年間で6~12単位必要です。

スクーリングを受講するまでの流れを教えてください。

①スクーリング日程の年間一覧を参照し、年閣の受講計画を立てる。
②受講科目が決まれば、申込期間にairUマイページまたは郵送・窓口で申し込む。
③受講申込結果で「許可」を確認。
④受講票を持参しスクーリングを受講する。

Web 申込
airUマイページ>スクーリング>「申込状況/受講票」を自身で印刷し持参。

郵送・窓口申込
大学から送付する「スクーリング受講申込結果通知および受講票」を持参。

▶『学習ガイド』「申込スケジュール」p.51
▶『学習ガイド』「スクーリング申込方法」pp.52~54

このページの先頭へ戻る