このページを印刷する

先行募集と追加募集

スクーリング科目(対面/遠隔)の申し込みは、先行募集と追加募集があります。先行募集と追加募集では申込対象科目が異なります。下表を確認してください。

 

募集方法 対象科目
先行募集 学部 全ての科目
大学院 分野特論スクーリング
追加募集 学部・大学院 先行募集の結果、定員に空きがある科目

 

①先行募集
必修科目など必ず受講しなければならない科目は先行募集で申し込んでください。
先行募集で定員を超える申し込みがあった場合、申込者全員を対象に抽選を行います(先着順ではありません)。抽選を行ったスクーリングであっても、追加募集締切日までにキャンセルが生じ、定員に空きが出た場合は、申し込みが可能となります。また、申込者が少ない場合、開講を取りやめる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

②追加募集
先行募集の結果、定員に空きがある科目については、追加募集を行います。「定員なし」の専門教育科目についても先行募集終了の段階で調整を行うため、必ず追加募集が行われるものではありません。追加募集申込期間は科目により異なります。追加募集申込期間であっても、定員に達し次第、締め切ります(先着順)。キャンセルにより定員に空きが出れば、募集が再開されます。

 

このカテゴリのよくある質問

スクーリングの宿泊先は紹介してもらえますか?

京都についてはJTBを通じてホテルや旅館を紹介しています。慣れてくると、学生同士で宿の情報を交換しあったり、自分で常宿を見つけたりして個人で手配する方も多いです。近年宿泊施設の予約は取りにくく、特に観光シーズン(春 ・祇園祭 ・紅葉)は大変込み合います。スクーリングを申し込む前に、宿泊の手配をしておくことをお勧めします。

既に受講許可となっている科目を自己都合で受講できなくなりました。同一科目内で日程の変更はできますか?

申込期限内で、かつ定員に空きがある場合であれば手続きできます。その場合、受講許可済の科目の申込取消手続きを行った後、希望日程に申し込みしてください。ただし、一度受講許可となっているため、申込取消の際にはキャンセル料がかかります。

スクーリングは1年間に何単位まで受講できますか?

2017年度から単位の実質化をはかるためCAP制を導入しています。スクーリング科目(Webスクーリング・藝術学舎・資格関連科目除く)において、1年間の履修上限単位数は24単位です。

スクーリングは1年間にどれくらい受講しなければいけませんか?

1年次入学生の場合
卒業までにスクーリング科目を「専門教育科目」から24単位以上、その他任意の科目群から6単位以上、合計30単位以上を修得する必要があります。4年で卒業を目指す場合、1年間では「専門教育科目」から6単位 (芸術学科はそれ以上も可)、その他に1~2単位以上が必要です。

編入学生の場合
各自で「入学許可証・卒業要件通知」より、卒業までに必要なスクーリングを確認して、履修計画を立ててください。 おおよそ1年間で6~12単位必要です。

このページの先頭へ戻る