このページを印刷する

テキスト科目のシラバス

シラバスには、当該科目の課題内容や履修要件等が記されています。いずれも課題や試験に取り組む上で重要な事項ですので、履修に際して必ず熟読してください。シラバスの記載内容に沿って課題が作成されていない、あるいは提出されていない場合、評価に影響しますので注意してください。

■TR科目・TW科目・TX科目のシラバス(凡例)
【科目の概要】

履修形態 テキストレポート科目(TR)/テキスト作品科目(TW)/テキスト特別科目(TX)
単位数 科目の単位数
配当年次 履修可能な最低年次を示す
履修の前提条件 科目を履修するにあたって必要な条件
履修方法 複数課題が課される科目で各課題の提出順序がある場合に明示
学習にあたって 科目を学習するにあたっての留意点(無い科目もある)
テキスト 科目全体を通じて使用するテキスト(教科書)名
参考文献・URL 科目を学習するにあたって有益な文献やURL
注意事項 科目を履修するにあたって特に注意すべき事項(無い科目もある)

【課題の概要】

課題内容 課題内容。レポートや作品を作成するときは、課題内容の指示に従うこと。
課題のポイント 課題に取り組む上での心得やアドバイス、注意事項
課題提出期間 課題の「課題を提出する」ボタンをクリックし提出できる期間
試験のポイント 単位修得試験の受験にむけて、事前に学習しておくべきポイント
試験の期間 単位修得試験を受験できる期間

 

このカテゴリのよくある質問

レポート課題の課題提出期間を過ぎてしまいました。提出することはできませんか?

課題提出期間を過ぎると、提出はできません。次の提出機会に提出するようにしてください。

単位修得試験はどのように受験するのですか?

レポート課題に合格後、Web(airUマイページ)もしくは対面(試験会場)で受験することができます。日程を確認し、年間の受験計画を立ててください。

<Web>
申込不要。期間中にairUマイページで受験してください。レポート課題が合格していれば、受験期間になると単位修得試験の画面へ遷移できるようになります。

<対面>※芸術教養学科、アートライティングコース、イラストレーションコース、科目等履修生(博物館学芸員課程)はWeb試験のみ
要申込。受験日・会場・講時・科目を選択し受験します。受験申込書受付期間が3 ヶ月に1回のペースであるので、受付期間内に受験を希望する日程・会場・講時・科目を選択し、「単位修得試験(対面)申込書」を提出してください。申込内容を確認し、「受験申込結果通知」をお送りします。受験できる科目に対しては「受験許可証」を発行しますので、持参のうえ受験してください。
詳しくは 3.学習方法 > テキスト科目 > TR科目(単位修得試験)で確認してください。

このページの先頭へ戻る