学習をはじめるにあたって

1. airUマイページにアクセスしよう
書画コースでは、テキスト科目、スクーリング科目ともに学習用Webサイト「airUマイページ」を利用して学習に取り組みます。課題の提出やシラバス等の教材の閲覧はもちろん、通信教育課程で学習を進めるにあたっての各種手続き(各種証明書の申し込みや学籍更新手続き)もairUマイページから行うことができます。出願時のログインアカウントとパスワードをそのまま使用します。4月1日になったら、まずアクセスしてみましょう。
学習用のairUマイページ https://air-u.kyoto-art.ac.jp/

2. 新入生ガイダンスやガイダンス動画を活用しよう
4月に京都・東京で開催する「新入生ガイダンス」に出席し、履修計画の立て方や履修方法などについて説明を受けてください。出願時期等により新入生ガイダンスに参加していない方に向けて、ガイダンス資料を用意します。airUマイページにログインし、「教材BOX」をご確認ください。

3.「履修モデル」を参考に履修計画を立てよう
まず、お手元の「入学許可証・卒業要件通知」で卒業要件を確認しましょう。次に何年かけて卒業するかを考えてみましょう。それにより、1年間で修得すべき単位数が自ずと決まってきます。本コースのテキスト科目とスクーリング科目は学習内容が関連付けられていますので、そのことも念頭に置きながら、卒業までの履修計画を作成されることをおすすめします。

履修モデル(書画)は、それぞれの入学区分において最短の年数(1年次入学生は4年、3年次編入学生は2年)で卒業すると仮定した場合の年間学習モデルを紹介しています。入学年次や学びのペースによって履修内容が異なりますので、各自該当する履修モデルをもとに履修計画を立て、計画に違いが生じた場合は随時見直しましょう。

4. スクーリング科目「書画I-1」「書画I-2」を受講しよう
airUマイページのカリキュラム一覧(シラバス)>「書画I-1」をクリックし、導入動画を見てから課題に取り組みましょう。課題に取り組むために必要な画材や道具はairUマイページ>教材BOX>補助教材  や、テキストから確認できます。
スクーリング科目春期(4~6月)開講科目の、課題の初回提出は4月下旬ですので、すぐに取りかかるようにしましょう。
願書の提出時期が遅い場合は、春期の初回提出に間に合わないことがあります。その場合は、TW科目「書画演習I-1」やTR科目「書画講義1」から順番に履修しましょう。

5. 卒業へ向けて「卒業制作着手要件」のクリアを目指そう
卒業制作に着手するためには、卒業年度の夏期(~9月)までに「卒業制作着手要件」を満たしていることが必要となります。(詳細は卒業制作着手要件・卒業要件(書画)をご確認ください。)

このページの先頭へ戻る