学習目標(IL)

イラストレーションコースでは、イラストレーションを自己の表現手段として学びます。これらの表現を自分の中で完結させるのではなく、社会との接点を拡張する手段として日常の中で発信していく力を鍛えます。
イラストレーションは日本はもちろん、世界的にも多くの場面で登場し、様々なメディアや人をつなぐハブのような役割になりました。いまや個人でつくったものが地域や言語を超えて、世界中に発信できます。イラストレーションは古典的な絵画からその表現やノウハウを継承し、現在の漫画、アニメに至るまで、進化を続けました。
本コースでは古典的な絵画技法も、現代的なデジタル作画のスタイルも同じ「イラスト」という土壌で評価します。連綿と受け継がれていったクリエイターのスキルは、時代や環境が変わっても廃れることなく生き続けます。特に社会の中で生きるイラストレーションは、一つの媒体に留まらず、様々なシーンで使われていきます。それは多くの作家にとっては何物にも代えがたい喜びです。
イラストレーションを通じて、単なる作画技法に限らず、人や社会との接点を持ち、より豊かな人間へと成長することが目標です。是非、みなさまも自身の手で創作を生み出し、どんどん上達していく過程を楽しんでください。

このページの先頭へ戻る