このページを印刷する

TX科目「アートライティング演習」 履修の流れ

アートライティング演習系科目は3ヶ月ごとに開講され、科目によって「春期・秋期」の開講か、「夏期・冬期」の開講に分かれています。
課題の提出期間等の学習スケジュールはご自身で管理してください。

■アートライティング演習系科目の開講予定(2021年度)

開講期・
開講期間
開講科目 自己紹介/
レポート発表
相互論評 レポート課題
最終提出期間
返却予定
春期:
4月1日〜6月30日
アートライティング演習1、3 4月1日13:00~
4月30日13:00
5月1日13:00~
5月14日13:00
5月15日13:00~
5月28日13:00
6月下旬
夏期:
7月1日〜9月30日
アートライティング演習2 7月1日13:00~
7月30日13:00
8月1日13:00~
8月14日13:00
8月15日13:00~
8月28日13:00
9月下旬
秋期:
10月1日〜12月31日
アートライティング演習1、3 10月1日13:00~
10月30日13:00
11月1日13:00~
11月14日13:00
11月15日13:00~
11月28日13:00
12月下旬
冬期:
1月1日〜3月25日
アートライティング演習2 1月1日13:00~
1月30日13:00
2月1日13:00~
2月14日13:00
2月15日13:00~
2月28日13:00
3月下旬

※万一、上表に示されたスケジュールに変更が生じたときは、airUマイページ>お知らせ等で周知いたします。
※3/25から3/26にかけて次年度シラバスへの切り替えを行います。次年度シラバス切り替え後から3/31までは動画視聴等の授業ページには入れません(次年度シラバスの閲覧のみ可)。

 

■単年度履修と再履修
本学では、すべての科目において単年度(4月1日から翌年3月31日)で単位を認定します。履修を開始した科目はその年度内に合格しなければ単位が認定されません。
レポート課題を最終提出することで、その科目は履修中となります。
年度内であれば、単位修得に至るまでは履修中となります。ただし、前期(春期・夏期)に自己紹介/レポート発表、相互論評を終えていたとしても、後期(秋期・冬期)に改めて履修する際は、再度自己紹介/レポート発表、相互論評を行う必要があります。
レポートは一時保存できますが、レポート本文や添付資料については万一に備えて必ずご自身のPCやタブレット等の端末上に保存しておいてください。
レポート課題を最終提出した年度内に単位を修得できなかった場合は、その科目の成績は「不可」となります。改めてその科目の単位修得を目指す場合は、翌年度以降に再履修となります。前年度までのレポート発表や一時保存したレポートを持ち越すことはできませんので、必ずご自身のPCやタブレット等の端末上に保存しておいてください。再履修の場合、改めて自己紹介/レポート発表、相互論評を含む全ての課題に取り組んでください。

 

■学習相談会への参加
各科目ごとに遠隔会議システムによる「アートライティング演習」学習相談会を開催し、授業の補足をするとともに質問も受け付けます。「アートライティング演習1・3」は4月上旬、「アートライティング演習2」は7月上旬に開催予定です。開催日程はairUお知らせで確認してください。相談会の参加は任意ですが、この相談会の記録はairU内で公開しますので、履修学生はかならず確認するようにしてください。

 

■履修の流れ
本科目ではナビゲーションバーが複数に分かれています。ここでは「アートライティング演習1」を例に、各ナビゲーションバーに沿って履修の流れを説明します。※履修の流れは基本的に同じですが、科目によってナビゲーションバーの数や投稿場所は異なります。

 

【シラバス】
カリキュラム一覧で、科目名をクリックすると、シラバスページへ移動します。
シラバスは、「科目の概要」「課題の概要」で構成されています。両方を必ず確認してください。
シラバスの各項目についての詳しい説明は、 airU学習ガイド >3. 学習方法>テキスト科目>テキスト科目のシラバスを参照してください。

 

【テキスト・教材学習】
「シラバス」の次、「テキスト・教材学習」をクリックすると、更に細かいページに分れています。

1~3は【前期】の授業用、4~6は【後期】の授業用で、それぞれ、3つの掲示板が設置されています。
1.[春or夏期]自己紹介・連絡事項の掲示板
2.[春or夏期]レポート発表・相互論評
3.[春or夏期]レポート提出にむけて
4.[秋or冬期]自己紹介・連絡事項の掲示板
5.[秋or冬期]レポート発表・相互論評
6.[秋or冬期]レポート提出にむけて

以下に各ステップの項目を詳しく説明していきます。それにしたがって履修を進めてください。

1or4.自己紹介
履修を開始したらレポート発表するまでの間に、《自己紹介・連絡事項の掲示板 》で、自分の関心を持っていること、レポート発表で取り上げる予定の題材などを新しいトピックを立てて書き込んでください。個人情報は差し障りのない範囲で結構ですが、自分の関心を持っていること、取り上げる予定の題材などはぜひ書き込んでください。

こちらの掲示板では、必要に応じてトピックをたて、履修を進める際の注意点や次のステップである相互論評時のグループ分けの指示などを掲載していきますので定期的にここを確認するようにしてください。

 

2or5.レポート発表・相互論評
課題内容を確認し、レポートの枠組みを考えましょう。
その上で現時点でのレポートをまとめ、《レポート発表・相互論評 》掲示板にトピックとして発表(投稿)します。
トピックを作成する
レポート発表とレポート課題最終提出の内容・文字数は同じです。
レポート発表本文は指定された文字数でまとめ、参考文献や註がある場合は、本文の後に続けて記入してください。
課題で指定の文字数から著しく乖離する場合(±20%以上)、規定の期間外にレポート発表した場合は、原則として「相互論評」に進めません。

 

相互論評期間になったら、他学生のレポート発表を読み、《レポート発表・相互論評 》掲示板に記載の4つの観点を参考にコメント(200~300字程度)を投稿してください。
他の学生のレポートにはすべてにコメントを付けてください。

※履修する学生の人数によって、グループ分けを行うことがあります。グループ分けを行った場合は、同グループの学生の発表すべてにコメントを付けてください。自分と異なるグループのレポート発表でも、関心を持ったものについては、意見、質問をコメントの形で付けても結構です。
相互論評コメント1

なお、発表に寄せられた質問には必ず応答してください。答えられない、あるいは答えにくい質問があった場合には、「すぐには回答できない」旨を記し、期間内にきちんと応答しましょう。レポート発表をしたのみで、相互論評でのやりとりがない場合は、採点の対象外となります。

 

3or6.レポート提出にむけて
レポート発表と相互論評を終えた後、教員からレポート執筆に際して全体講評を行います。
全体講評を参考にして、最終提出レポートを仕上げてください。全体講評は、教員が全体講評を投稿した時点から開講期間が終了するまで見ることができます。

 

【第1課題作成】
ここでは、レポート課題最終提出を行います。
自分のレポート発表に対するコメントや教員からの全体コメントをよく読んだうえで、必要があれば原稿を修正し、推敲してレポート課題最終提出期間内に、「第1課題作成」画面から提出してください。相互論評を通して得た情報や意見をフィードバックしてよりよいレポートを目指してください。
最終課題

提出方法の詳しい説明は、 airU学習ガイド >3. 学習方法>テキスト科目>TR科目(レポート課題/WEB)を参照してください。

 

【添削結果確認】
添削結果確認画面では、素点と評価が表示されています。不合格の場合は、素点はありません。合否に関わらず、添削を担当した教員からの講評がありますので、レポートへのフィードバックとして必ず読むようにしてください。
レポート課題に合格すると、その科目の成績状況は「単位修得見込み」となります。各期末(6月末、9月末、12月末、3月末)にそれぞれ成績が確定され、「単位修得済」となります。各自確認するようにしてください。
成績については「airUマイページ > 成績」で確認してください。

このページの先頭へ戻る