卒業研究の履修(AW)

「卒業研究」は、履修の前提条件や配当年次(履修可能な年次)が定められています。

 

■配当年次・履修可能時期
「卒業研究」は4年次配当科目です。1年次入学の方は在籍(学習)4年目以降、3年次編入学の方は在籍(学習)2年目以降に履修の前提条件 (下記参照)を満たしていれば履修可能です。
履修可能時期は秋冬期(10月~3月)です。秋冬期のみレポート提出画面等の履修画面に入ることができます。四半期ごとに「卒業研究」着手の自動判定が行われ、結果はairUマイページ>メンバー情報>成績より確認できます。着手可能な状態になると成績画面で「○○年度 許可」と表示され、レポート課題提出画面に入ることができます。それ以外の期間はシラバスの閲覧のみ可能です。

 

■「卒業研究」履修の前提条件
秋期末(12月末)までに下記の前提条件を充足すれば、その年度中に「卒業研究」のレポート課題を提出することが可能となります。

1年次入学

科目群 修得すべき単位数
(単位修得見込み含む)
必修科目
学部共通専門教育科目 40単位以上 「美学概論」「芸術理論1・2」「知的財産権研究」
「芸術史講義(日本)1~4」「芸術史講義(アジア)1~4」
「芸術史講義(ヨーロッパ)1~4」
「芸術史講義(近現代)1~4」
コース専門教育科目 18単位 「アートライティング特講1~6」
「アートライティング演習1~3」
その他 64単位以上 総合教育科目、学部共通専門教育科目、コース専門教育科目、学科専門教育科目、資格関連科目などから自由に選択
合計 122単位以上
(うちWS科目30単位以上)

 

3年次編入学

科目群 修得すべき単位数
(単位修得見込み含む)
必修科目
学部共通専門教育科目 40単位以上 「美学概論」「芸術理論1・2」「知的財産権研究」
「芸術史講義(日本)1~4」「芸術史講義(アジア)1~4」
「芸術史講義(ヨーロッパ)1~4」
「芸術史講義(近現代)1~4」
コース専門教育科目 18単位 「アートライティング特講1~6」
「アートライティング演習1~3」
その他 2単位以上 総合教育科目、学部共通専門教育科目、コース専門教育科目、学科専門教育科目、資格関連科目などから自由に選択
合計 60単位以上
(うちWS科目30単位以上)

※「卒業研究」は履修可能になってからレポート課題提出までの期間が短く、また「アートライティング演習」のように、授業にディスカッションは組み込まれていません。あらかじめ、シラバスの課題内容に従ってレポート課題作成の準備を行っておくことをお勧めします。

 

注)藝術学舎講座を受講する場合は、単位認定スケジュールに注意してください。
「卒業研究」履修の前提条件に含めることが可能な藝術学舎講座の開講期の目安は以下のとおりです。

(参考)
「卒業研究」レポート課題提出直前の12月末日に単位認定される講座まで
・演習講座 → 講座終了日が12月15日まで
・講義講座(試験による評価) → 講座終了日が12月5日まで
・講義講座(レポートによる評価) → 講座終了日が11月15日まで

また、藝術学舎講座は、最少催行人数に達しなかった場合や天候等の事由により、開講見送りまたは閉講となる可能性がありますので、履修計画に含める場合は、受講日程には十分な余裕を持つようにしてください。

藝術学舎科目(GS) について詳しくは、airU学習ガイド>2. 教育課程>単位認定>藝術学舎取得単位の認定単位認定を確認してください。

このページの先頭へ戻る